顔のたるみを解消するマッサージ

顔のたるみをとるマッサージは自分でも行うことができます。


効果的な方法はリンパ液と血液の流れをスムーズにするマッサージです。

顔のたるみは老廃物や脂肪が溜まることで促進するため、リンパ液や血液の流れをスムーズにすることで、これらの蓄積を解消します。

あなたのご要望に応じた顔のたるみマッサージの有益情報にあふれているサイトです。

マッサージは洗顔後、クリームやゲルをつけてから行いましょう。
まず、首すじのリンパを上から下へすりおろすように、耳たぶの下辺りから鎖骨までを少し痛いくらいの強さで10回ほどなぞることで、老廃物を流す道をつくってあげます。

独自性の高いgoo ニュースに関する情報を公開しているサイトです。

この痛みは老廃物が溜まっている証拠ですので、少し我慢しましょう。


次に、あごの老廃物をリンパに流します。



親指を顎先にあて、耳に向かって輪郭に沿って5回から10回すべらせます。これも少し痛いくらい強くて大丈夫です。
また、頬の老廃物を流すために、口元から耳へ、頬骨から耳へ、小鼻横から耳へ、それぞれ親指の腹を使って3回ずつなぞります。


ここまでくるとクリームやゲルが乾いてくるので、こまめに付け足してください。
目の周りも、目の骨の形に合わせてぐるっと一周、指の腹で押します。
これにより、目じりのしわやたるみ、クマを改善します。

最後に初めに行った首周りのリンパマッサージをもう一度することで、老廃物を排出し、完了となります。

これらのマッサージは顔に溜まった老廃物をリンパの流れに沿って排出するためのものです。

決してリンパの流れと逆方向には行わないように注意しましょう。